松本敏裕の世界

ギャラリー 横浜散歩 水彩画

 地元が横浜であることで得なことは何か。半日でも絵画制作の気持ちを掻き立てるたくさんの景色に出会えることかもしれません。 特に港町横浜には、異国情緒が漂う建物や歴史を感じさせる空間に溢れています。
 高校時代から写生に出向いていました。関内での五年間の勤務では、身近にその空間の中にいました。昼休みにしか散策できませんが、横浜公園(現在の横浜スタジアム付近)や中華街は、毎日のコースでした。 これまで、二回の「みなとまち横濱 スケッチ散歩」という個展を開催しましたが、その都度、歩くエリアを広げていました。
 今回の作品群は、主として第二回の個展時、2001年制作のものです。既にモチーフの場所が変化して、今昔として面白い資料的な価値もあるかもしれません。現地に行ったことのある方なら、その時の雰囲気がよみがえってくれると幸いです。

題名解説サイズ(縦×横)
イギリス館噴水手前の噴水周辺は整備され落ち着いてくつろぐ場所になりました。185×128
かほりビル横浜銘菓の本社ビル。ビル全体に蔦が絡んで季節ごとに変化します。185×128
ガレキとみなとみらい前面のがれきとホテルと観覧車の形体のコントラストに惹かれて、みなとみらい地区の埋め立て地区に入り込みました。128×185
タワーのある中華街出張の朝に通りかかった景色。観光客はまだいない。中華街も刻々と変化している。非売品
浦島町神奈川区星野町、嵐出演の「ザ 鉄腕 DASH」のDASH海岸はこの辺りが舞台のはず。128×185
浦島町Ⅱみなとみらい地区から北側のポートサイド地区へ。そして付近の運河沿いの工場地帯へ。運河と高層ビルの形が楽しい。128×185
浦島町Ⅲ運河に移る景色は描写の楽しみを掻き立ててくれます。185×128
英十番館高校二年生の時、買ったばかりのイーゼルを使って同じ場所で描きました。185×128
旧スウェーデン領公邸山手の洋館の中でも際立つ造り、邸内に入って描いてみたい場所。128×185
横浜スタジアム 水の精ベイスターズファンの歓声が残る公園。鋳造の壺に水の精がのって。128×185
横浜税関へ遊歩道が整備中でした。枯れた樹木と税関の形を活かしたかった。185×128
開港記念会館外観は当然ですが、建物内部も古格があり、様々な会議や発表会で使います。非売品
山下町旧露亜銀行市の指定文化財。学生の映像撮影でもよく使用している。現在は結婚式場として活用。128×185
根岸公園根岸まで足を延ばして散策。アーチ型の上部左右の馬のシルエットに惹かれました。185×128
桜と教会山手の路を桜の季節に散策するとどこでも絵になります。あえて路地からのスケッチです。128×185
桜の頃 山手聖公会毎年、桜の頃には、イーゼルを立てる人たちで場所取り合戦。185×128
山手十番館付近手前の木の形がお気に入りです。185×128
住宅供給公社県教育委員会が入っているビル。五年間の勤務地でした。148×100
赤いスクーター元町商店街の一本裏の路地に名店あり。配達用のスクーターでしょうか。185×128
赤い靴の像と氷川丸右の街路灯がアクセントになっています。神奈川県の高校の音楽補助教材の表紙になった作品です。185×128
中華街公園黄色い幟と狛犬が守ります。185×28
中華街孔子廟余計なものが入らずに構図を決めるのには苦労があります。128×185
野毛水道施設みなとみらい地区から桜木町へ戻り、野毛山を上るとあります。余り観光客は見かけません。128×185
洋館Ⅰ左右対称ですっきりした建物。向かいの歩道からの景色です。室内の見学もできます。128×185
旅館オリエンタル中華街にひっそりあります。多くの観光客が素通りです。148×100
旅館オリエンタル 洋館Ⅰ 野毛水道施設 埠頭Ⅱ 中華街孔子廟 中華街公園 赤い靴の像と氷川丸 赤いスクーター 住宅供給公社 山手十番館付近 桜と教会Ⅱ 桜と教会 根岸公園 旧証券会社 開港記念会館 横浜税関へ 横浜公園 煙突のある洋館 英十番館 浦島町Ⅲ 浦島町Ⅱ 浦島町 タワーのある中華街 がれきとみなとみらい かほりビル イギリス館噴水

作品を無断で利用、転載することはお控えください。