松本敏裕の世界

ギャラリー スペイン散歩 水彩画

 2014年の3月に10日間スペイン旅行をした時の作品で銀座にある画廊宮坂で個展「バロセロナ・マドリード・アンダルシアの光と影」を開きました。同年8月4日(月)から8月9日(土)までの6日間です。
 スペインは3回目なので、観光地の風景より表通りから路地を入った景色や人物に惹かれます。
 日常の絵画制作と並行して、土の造形に関わっているので、油彩画、水彩画の他に陶板(陶土に白化粧土、半磁土、磁器の三種類)にコバルトで染付つけた作品も発表しました。私たちの普段使いの皿や器には青い色の濃淡で草花などが描かれていますが、今回は陶板を平面のキャンバスと捉えて作品化しています。
 軽いタッチの染付の雰囲気も味わってください。

題名解説サイズ(縦×横)
アルハンブラ宮殿 庭園中世イスラム文化と芸術の結晶の建物を巡ってひと休み。アーチ形の柱から覗く計算づくで四季の草花を植栽。100×147
コルドバ旧市街花の小径から歩を進めていくと、白壁にリズム感よく設置されたプランター。見上げた建物の壁とのコントラストにうっとり。147×100
アルハンブラ宮殿 糸杉宿泊施設は宮殿前の道に近接のため、当日朝から周辺をランニング。宮殿内の重厚さ、奥深さを堪能。建造物石材と自然を計画的に配置。147×100
セビージャの糸杉カテドラルのヒラルダの塔からの眺め。低層の市街にすくっとそびえる糸杉。147×100
ラマンチャの青い空ラ・マンチャ地方までグラナダからバスで約200キロ。昼食のレストランの壁面は青い空を遮って、何処か沖縄を思い起こしました。147×100
コルドバベラタルキール川水車旅行仲間はメスキータスへ。川沿いの水車の鳩をスケッチ。どこの国でも人の寄るところにそっと生息。100×147
コルドバブエンテ門イスラム教とキリスト教の二つが共存するメスキータスへ向かって進んでいく。100×147
バルセロナ 語らいサグラダ・ファミリアに向かおうとバスを下車。陽だまりで語り合う二人。革製のジャケットやステッキがオシャレ。147×100
バルセロナ 朝焼け目覚めてすぐジャージに着替え、宿の周辺をランニング。朝日ではなく月がシルエットだけの塔の脇に。147×100
バルセロナ 長屋門高層ビル街から少し離れると旧市街。フェンスを押して入っていきたい気持ちに。147×100
マドリッド マヨール広場付近サン・ミゲル市場でお腹を満たし、石畳の広場からプラド美術館へ向かおうと進む。左右の壁面のリズムが楽しい。147×100
ミハスの少女アンダルシアの白い村。あまりに絵的な図柄は敬遠して周辺へ。佇む少女が白壁によく似合う。147×100
ミハスの少女 マヨール広場付近 バルセロナ 長屋門 バルセロナ 朝焼け バルセロナ 語らい コルドバブエンテ門 コルドバ・ベラタルキール川水車 アンダルシアの青い空 アンダルシアの糸杉 アンハンブラ宮殿糸杉 コルドバ旧市街 アンハンブラ宮殿

作品を無断で利用、転載することはお控えください。