松本敏裕の世界

ギャラリー スペイン散歩

 2014年の3月に10日間スペイン旅行をした時の作品で銀座にある画廊宮坂で個展「バロセロナ・マドリード・アンダルシアの光と影」を開きました。同年8月4日(月)から8月9日(土)までの6日間です。
 スペインは3回目なので、観光地の風景より表通りから路地を入った景色や人物に惹かれます。
 日常の絵画制作と並行して、土の造形に関わっているので、油彩画、水彩画の他に陶板(陶土に白化粧土、半磁土、磁器の三種類)にコバルトで染付つけた作品も発表しました。私たちの普段使いの皿や器には青い色の濃淡で草花などが描かれていますが、今回は陶板を平面のキャンバスと捉えて作品化しています。
 軽いタッチの染付の雰囲気も味わってください。

題名解説サイズ(縦×横)
バレンシアの果実タラゴナから地中海沿いの高速道路を約260キロ。途中の休憩所にてバレンシアフルーツと言われるが、この果実は不味いとのこと。230×180
ラ・マンチャの風車花の小径から歩を進めていくと、白壁にリズム感よく設置されたプランター。見上げた建物の壁とのコントラストにうっとり。非売品
トレド 遠望トレドは3回目の訪問。全体が見渡せる場所とのことでたどり着く。拡がりの表現にはまだ不足だが、絵作りをして構成した非売品
マドリッド アトーチャ駅駅舎のシルエットを背景に信号待ちの人たちが逆光で立つ。180×230
バルセロナ 重い扉重い扉は3つの技法で描いてみた。石造りと古木の扉が印象深い。230×180
マドリッド 重い扉 マドリッド アトーチャ駅 トレド 遠望 ラ・マンチャの風車 バレンシアの果実

作品を無断で利用、転載することはお控えください。